HOME > スタッフ紹介

スタッフ紹介

profile

金子洋子(かねこようこ)

セレッシャル代表:セラピスト
タイド・リンパカレッジ代表

自分自身の体調不良をリンパドレナージュで改善した経験
からセラピストを目指し2008年8月に
セレッシャルをオープンしました。

美しさ=健康である事を信念として
セラピストとしてお客様が身体も心も健やかに
過ごせるお手伝いをしたいと思っています。

現在、セラピスト向けの『更年期セラピー講座』を
全国で開催中

ここから先は、少し長くなります(^_^;)

そもそも、なんで、私が、今の仕事をしているのか。
同じ女性たちと話していても、感覚的なズレや
スピード感が、違うなって思うのか。
そんな事を、考えていた時に、ハッ!と気づきました。
私「命の期限」が、あったから、ボヤボヤしていられなかったんです。

実は、私、5歳の夏に、病院で
『 この子は、18歳までしか生きられないかもしれないね。
 それ以上、生きても、寝たっきりだよ。 』
って、言われたんです。

ドクターは、私がまだ小さくて、大人の言ってる事なんて、理解できないと思って
私の目の前で、母に、そう告げたんだと思いますけど、私は、しっかり理解してました。

5歳の私には、18歳は遠い未来だったけど、その時に私の命には期限がある事を知りました。

でも、生きる道は、手術をすると言う道。
ただ、今すぐには、小さすぎて出来ないから、12歳くらいまで、待つようにと言われ、呆然とした母と手をつないで、帰りました。

プールに行って、熱が出たから、風邪かな?って行った病院で、思いもかけない事を言われたんだから、
母のその時の心情は、私の想像をはるかに超えている悲しみだったかも知れません。

その日から、私の目標は、まずは12歳になる事。
手術を受ける12歳が来たら、元気になれると思って、暮らしました。

早く、12歳になりたかった。

そこから数年、小学校5年生の春、
自分では、あまり意識してなかったものの、どうやら大人たちから見ると
相当、私の身体は、いけない事になったたらしく・・・
病院へ行って、再検査。

すると、この5年間で、医学は発達していたのか
手術は簡単で、すぐにでも受けられますよと言われました。

手術しなくても、30歳か35歳くらいまでは、生きられますよ。
それ以降は、寝たきりですけど・・・って。
また、寝たきりだよと、心の中で思いました。

手術は、簡単なものですけど、女性にとっては辛い事があります。
開胸手術なので、胸の真ん中に20センチの傷が縦に、ドーーーンと残るのです。

先生とのお話のあと、病院のレストランで、チキンバスケットを食べながら
母に聞かれました。
『 洋子ちゃん、どうする? 手術する? 』

私は、即答しました。
『 するよ! するに決まってんじゃん! 』

傷が残っても、元気になりたかった。

18歳まで
35歳まで
そんな数字で、私の人生を終わらせたくなかった。

たった5歳で、自分の命の期限を意識した私は、
ぼやぼや生きてるヒマなんて、無かったんだと思います。

10メートル走っただけで
プールに、ポチャンと入っただけで
息が苦しくなって、唇が真紫になる、こんな身体、イヤだったんです。

それからも、たくさんの事がありましたけど、
本一冊書けるくらいなので、この辺で。

私は今、50代で、元気で、身体も自由です。

でも、根底には、命の期限を意識して生きてきた私がいます。
35歳を過ぎた時に、36歳になった時に
これからは、おまけの人生と思い始めました。

自分の為だけじゃなく、他者の為、
自分の周りの人の為、
偉そうなことはいえないけれど、自分が出来る事は、やろうと誓いました。

今は、少しでも、私のお客様の為、
スクールの生徒の為の役に立ててるかなって思ってます。

<取得資格>
国際資格:ITEC国際ライセンスリンパドレナージュ取得
ITEC国際ライセンス解剖生理学取得
認定資格:日本リンパドレナージュ環境協会認定リンパドレナージュ1級
同、インストラクター認定資格
国際薬膳食育師3級
薬膳マイスター

お問い合わせについて

電話番号 0120-86-7690
画像をクリックすると予約ページに変わります

電話をかける

▲ページトップに戻る